( よくあるご質問/中級編 )
  1. 時計の名称で「八角合長」とはどんな時計ですか?
  2. 古時計が作られた年代や、メーカー名を知りたいが?
  3. 購入した時計が本物かどうか知りたいが?
  4. 時計で本四ツ丸ダルマと張四ツダルマとはどう違うのか分かりません教えてください。
  5. 同じ時計なのに「クロック」と「ウォッチ」と呼び方がどう違うのか分かりません。
  6. 振り子の心棒下の方に刻んであるネジ溝は何のためにあるのか教えて下さい。
  7. ウォ−タベリ−型とかアンソニア型とか言われるが何の事ですか教えてください。
  8. スリゲル型とはどんな形ですか?
  9. かぶら針とか言いますがどんな針ですか教えて下さい。
  10. 時計の一番車、二番車とか言われますが、どの歯車が一番車なのかよく分かりません教えて下さい。
  11. その時計メ−カ−のオリジナルな鍵でなければゼンマイは巻けませんか?
  12. ギボシとは何の事ですか教えて下さい。
  13. 時計の蝶番とは何の事ですか?
  14. 機械式の掛時計は今では造られていませんか?
  15. 掛時計の古いガラス割れてしまったが昔のガラスを入れたいのですがどうしたら良いでしょうか。?
  16. 古い振り子と新しい振り子を見分けるにはどうしたら良いでしょうか?

Q1 時計の名称で「八角合長」とはどんな時計ですか?
A1 時計の名称には色んな呼び方があり八角合長とは時計の上部分が八角形の形をしていて振り子室の下部分が短いものを合ながと言います。時代の古い時計は大体この形です。

Q2 古時計が作られた年代や、メーカー名を知りたいが?
A2 本サイトの「Q&Aボード」へ投稿して頂ければ、複数の会員から情報がよせられると思いますので下記の画像データを添え、ご質問をUPしてください。 ※写真画像は3枚(計300kb)迄掲載できます。

 1)本体の写真
 2)文字盤のトレードマーク拡大写真
 3)振り個室のラベルや、修理票の写真
 4)他に、時計の裏板などに文字等が直接書かれていたら、その部分の写真

Q3 購入した時計が本物かどうか知りたいが?
A3 日本古時計保存協会では、古時計が本物か偽物かを判断する鑑定をおこなっています。
まずは事務局までメールなどでご連絡を入れて下さい。
    実施概要など → 

Q4 時計で本四ツ丸ダルマと張四ツダルマとはどう違うのか分かりません教えてください。
A4 ダルマ型時計の両横に付いている小さい丸枠の飾りが前から後ろまで一本の柱で付けられた物を本四ツと言い、張り四ツは両横の飾り板に小丸が張ってある物を張り四ツと言い小丸が張りつけてあるからその呼び名になった。
本四ツダルマの方が高級品で張り四ツダルマより値段は高価であった。

Q5 同じ時計なのに「クロック」と「ウォッチ」と呼び方がどう違うのか分かりません。
A5 大きく大別して掛時計や置時計などを「クロック」と呼び、懐中時計や腕時計を「ウォッチ」と呼びます。

Q6 振り子の心棒下の方に刻んであるネジ溝は何のためにあるのか教えて下さい。
A6 振り子部分で一番重要な部分で、この溝がないと時間調整が出来ません。進む場合は「下に振り子を下げ」、遅れる場合は「振り子を上に上げる」ネジ溝でこれが無いと時間調整が出来ません。

Q7 ウォ−タベリ−型とかアンソニア型とか言われるが何の事ですか教えてください。
A7 時計の「機械形式の呼び方」でアメリカ製時計メ−カ−の機械を明治初期日本で製造するに当たり、そのメ−カの機械を真似て造られた為に出来た「機械形式」を示した言い方です。
「アンソニア社の機械」を真似て造れば「アンソニア型」と言います。

Q8 スリゲル型とはどんな形ですか?
A8 「スリゲル型」とか「スリゲ−ル型」とも言いますが、おもにドイツで造られた飾り彫りの長方形の長い時計本体を持った物を総評してスリゲル型と言います。
例えば代表的なものではドイツ「ユ−ハンス社製」のバイオリン型の様な時計を呼びます。

Q9 かぶら針とか言いますがどんな針ですか教えて下さい。
A9 時計に付いている「指針」の呼び方でごく普通の掛時計に見られる長針や短針の形をあらわして言います。
長短針の先に楕円形の少し太くなった部分が野菜の「かぶら」に似ている事からそう呼ばれています。

Q10 時計の一番車、二番車とか言われますが、どの歯車が一番車なのかよく分かりません教えて下さい。
A10 掛時計で説明しますと機械下の方ゼンマイが付いている歯車を一番車と言い、上に行くにしたがって二番車、三番車と言う呼び方になります。

Q11 その時計メ−カ−のオリジナルな鍵でなければゼンマイは巻けませんか?
A11 そのメ−カ−の鍵でなければ時計のネジは巻けない事はありませんが、鍵穴がピッタリ合えばネジは巻けます。鍵穴が少し大きくて無理してゼンマイを巻くと、角が欠けたりしてネジが巻けず後々面倒なことに

なりますからピッタリ合う鍵で巻いて下さい。

Q12 ギボシとは何の事ですか教えて下さい。
A12 ギボシとは時計に付いている飾りを指します。昔の橋の欄干に付いていた銅で出来た飾りのことですがその形に良く似たものを時計の飾りにしたのでそう呼ばれています。

Q13 時計の蝶番とは何の事ですか?
A13 時計の蝶番とは、時計の上下の扉に付いている金具のことです開け閉めする為に必要な金具のことです。

Q14 機械式の掛時計は今では造られていませんか?
A14 愛知時計が現在でも少量生産をしていますがいつ手に入るかは未定です。

Q15 掛時計の古いガラス割れてしまったが昔のガラスを入れたいのですがどうしたら良いでしょうか?
A15 古いガラスは中々手に入らないのですが、業者によってはストックしていますから古時計を良く扱う業者に相談すれば手に入りますが、値段は新しい物の十数倍はします。

Q16 古い振り子と新しい振り子を見分けるにはどうしたら良いでしょうか?
A16 大きく分けると古いものは全体に堀の深いプレス仕様になっていて、時代が下がると平らな物になりますが数多く振り子を見て感覚で覚えることです。

検索エンジンやリンクから このページにジャンプされた方は ボタンをクリックしてください。「日本古時計保存協会」ホームページにリンクします
2010/03/17