( よくあるご質問/上級編 )
  1. 雁木車とアンクルの間の幅は調整できますか?
  2. ゼンマイバネが切れてしまったのを自分で直せますか?
  3. 時計の振り竿とはどの部分ですか?
  4. その時計オリジナルの指針と見極めるにはどうしたら良いでしょうか?
  5. 時計の機械を見て古い時代の物と直ぐに分かりますか?
  6. スリゲル型の時計の台座を見て時代が分かりますか?
  7. 明治初期の時計で木枠の文字盤を使用したのは何処の時計会社ですか?
  8. 文字盤が絶対オリジナルと言える見分け方を教えて下さい。
  9. 明治初期の組み立て会社はどれ位あったのか教えて下さい。
  10. 9インチ文字盤の付いた時計がありますが製造会社を教えて下さい。
  11. 最近幻と言われる時計の偽物が出ているようですが見分け方を教えて下さい。
  12. 中條勇次郎製造時計や岐阜時計を手に入れたいが何処を探せば良いのですか?
  13. 石原町と柳島に移った初期の機械とどのように見分けるのですか?
  14. 日本で最初に時計を造った金元社の時計はどんな物ですか?
  15. 時計のトレドマクが良く分からないのですが何処で調べれば良いのでしょうか?
  16. 蛎殻町製と石原町製どちらの時計が現存数は少ないですか教えて下さい。
  17. 新潟時計と云う時計会社があったのですか?現存数はどれ位ですか?
  18. 岐阜時計を手に入れたいがラベルはどんなラベルですか?又多く現存していますか?
  19. ゼンマイの大きさは皆同じでしょうか?
  20. 精工舎の姫ダルマは何時ごろ造られたのか知りたいですが?
  21. 精工舎の小型スリゲルの機械を載せる金具は鋳物とプレスがある様だがどちらが古いのか教えて下さい。
  22. ビエンナと同じく分銅引きの国産時計は何時ごろ造られたか教えて欲しい。
  23. 国産の12インチの掛時計は極端に少ないと聞きましたが教えて下さい。
  24. 国産のカレンダ-時計も数が少ないのですか?

Q1 雁木車とアンクルの間の幅は調整できますか?
A1 雁木車とアンクルは非常に精密な部分ですので素人がさわらないほうが無難です。幅を空けようとしてアンクルをいじる人がいますが広げ過ぎて雁木車をダメにした例は多くありますからプロに任せたほうが良いと思います。

Q2 ゼンマイバネが切れてしまったのを自分で直せますか?
A2 ゼンマイ切れは良くある事で切れた場所によりますが、当然機械を分解しなければ成りませんので後で組み立てることが出来れば修理は可能です。しかしバネが強い力を持っていますから気を付けてやらないと怪我をします。切れた場所をナマシテ軟らかくして穴を開けつなぎますが技術も必要です。

Q3 時計の振り竿とはどの部分ですか?
A3 時計の機械中央部の指針支柱横か下辺りにあり振り子と一体して機械動力の一端をに担っている重要部品ですが見た目にはただの針金の棒のように見えます。

Q4 その時計オリジナルの指針と見極めるにはどうしたら良いでしょうか?
A4 ダよくある質問ですが、これが又難しい問題でその時計のオリジナルの指針を幾つか見て頭に記憶しておかないと比較できませんし中々オリジナルが少ない。カタログやオリジナルを数多く研究することです。

Q5 時計の機械を見て古い時代の物と直ぐに分かりますか?
A5 時代によりその時計の機械の特徴を覚えることです。古い時代の機械は大型のものが多いので比較する目安になり又その中で機械に4個の足が無いのは大型でも古い部類になります。
明治初期の古い形式の時計は蒲鉾板の様な木に固定されて足はありませんから直ぐにわかると思います。
その後、機械に足が付くようになり機械も小型化して行きます。

Q6 スリゲル型の時計の台座を見て時代が分かりますか?
A6 スリゲル型だけでなく古い時代の時計の台座は木で出来ています。時代が下がると鋳物が台座に登場しその後プレス機械化が発達すると今度はプレスで起こした台座になりますので時代の目安になります。

Q7 明治初期の時計で木枠の文字盤を使用したのは何処の時計会社ですか?
A7 これはあくまで現存している時計からの得たもので今のところ「蛎殻町製造時計」、「吉沼時計製造会社」、「京都時計製造会社」があるがまだ発見されるかもしれない。

Q8 文字盤が絶対オリジナルと言える見分け方を教えて下さい
A8 一番は文字盤を外した時、時計本体のビス穴と文字盤の穴が一致し他の穴が開いてないことが一番分かりやすいが、ビス穴が大きくなり左右にずらすこともあるから余分に穴が開いていても文字盤の穴とずらした穴が必ず一致すればオリジナルであると判断できます。

Q9 明治初期の組み立て会社はどれ位あったのか教えて下さい。
A9 時計の組み立て会社と言っても二種類あります。機械だけ仕入れてあとは自社で製造する会社と時計全体を各社から仕入れて製造する会社と二つありますが後者のほうが数としては多いです。例を上げれば「コウセイシャ」や「金森時計」、「大沢商会」、「舘本時計」など他にも多くあり特に名古屋地域では30軒はあったと云われていますが詳細は判明していません。

Q10 9インチ文字盤の付いた時計がありますが製造会社を教えて下さい。
A10 市場でよく目にするのは本来9インチ文字盤であるはずが8インチ文字盤に代わっている物があり違和感を覚えることがあります。例えば蛎殻町製造時計の張り四ツダルマは9インチ文字盤が付いています。京都時計も同じで八角合長に9インチ文字盤が付きます。
良く観察すると分かりますがこれも数多くのそれらの時計を見て覚えてください。

Q11 最近幻と言われる時計の偽物が出ているようですが見分け方を教えて下さい。
A11 実に嘆かわしい事ですが現実です。本物を見るのが一番ですが、しかし本物は見たり手に取ることが非常に難しいから文章だけでは説明できませんが古時計協会には幻の時計がありますから問い合わせてください。「ラベルの大きさ」、「字の大きさ」、「紙の質」、「機械の構造」など多くのチェックが必要ですから。

Q12 中條勇次郎製造時計や岐阜時計を手に入れたいが何処を探せば良いのですか。
A12 難しい質問ですね。一番は所有者から譲り受けるのが一番ですが先ず無理でしょうから気長に地道に探すしかないでしょう。

Q13 石原町と柳島に移った初期の機械とどのように見分けるのですか。
A13 これも難しい問題です。 初期の石原町製は刻印がありません後期は手打ちの刻印だと言われていますが立証にわいたっていません。ラベルは石原町と同じ物が張ってありますが機会が違う物もあり今のところ不明としておきます。

Q14 日本で最初に時計を造った金元社の時計はどんな物ですか?
A14 現物が存在していませんから分からないのが現実です。当時の宣伝広告には八角合長の掛時計であった証拠は残っていますが、まだ誰も見ていません。

Q15 時計のトレ−ドマ−クが良く分からないのですが何処で調べれば良いのでしょうか?
A15 特許庁の出先機関でも閲覧できますしコピ−も取れますが時間が掛かります。登録番号が分かっていれば早いのですが番号が分からないと難しいですよ。古時計協会に明治大正の登録資料がありますからそちらを参考にしてください。

Q16 蛎殻町製と石原町製どちらの時計が現存数は少ないですか教えて下さい。
A16 やはり蛎殻町時計製造所のほうが現存数は少ないと思います。石原町製造も他の明治中期の時計製造会社と比較すればはるかに現存数は少ないです。

Q17 新潟時計と云う時計会社があったのですか?現存数はどれ位ですか。
A17 明治20年代に渡辺組製造と時計のラベルには印刷されていて、新潟で製造されていますが販売網が確立されていなかったので新潟地方に現存し数は少ないようです。6インチの八角型が多く機械は特殊で船時計の機械に似てます。

Q18 岐阜時計を手に入れたいがラベルはどんなラベルですか?又多く現存していますか?
A18 岐阜時計については日本古時計保存協の2009年2月の時計コレクションを参考にしてください。ラベルも記載してあります。

Q19 ゼンマイの大きさは皆同じでしょうか?
A19 ゼンマイは時計により色々な種類がありますし、又時計製造所によって違うゼンマイを使用していますからそのメ-カ-に合ったゼンマイを使うことです。

Q20 精工舎の姫ダルマは何時ごろ造られたのか知りたいですが?
A20 明治42年のカタログに記載されていることから明治末期ごろから製造されているようです。

Q21 精工舎の小型スリゲルの機械を載せる金具は鋳物とプレスがある様だがどちらが古いのか教えて下さい。
A21 ユーハンスと同じでやはり鋳物の方が古くてプレスになると新しい時代になります。

Q22 ビエンナ(オーストリアの地方名と同じく分銅引きの国産時計は何時ごろ造られたか教えて欲しい。お
A22 分銅引きは和時計に通じており明治初期には製造されていますが特に大型の時計が多いようです。

Q23 国産の12インチの掛時計は極端に少ないと聞きましたが教えて下さい。
A23 市のとうりです、国産12インチの掛時計は中條勇次郎製造の時計や精工舎、東京時計の数少ない時計製造所しか造られていません。
     又発見させている台数も極めて少ないことから余り多く製造されなかったのではないだろうか。

Q24 国産のカレンダ-時計も数が少ないのですか?
A24 そうですね、製造した時計会社も少ないし製造数も多くなかったようです。現存している時計を見るに一般の掛時計と比べればやはり少ないです。

検索エンジンやリンクから このページにジャンプされた方は ボタンをクリックしてください。「日本古時計保存協会」ホームページにリンクします
2010/03/21